新田クリニックの設備のご案内

内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)

当クリニックでは特殊光(NBI)機能を搭載した OLYMPUS社製内視鏡システムEVIS LUCERA ELITEと拡大観察機能付き内視鏡を導入し、微小な病変の発見、さらなる診断精度向上につとめ、検査治療を行っております。

大腸内視鏡検査、手術では送気に炭酸ガスを使用することで空気によるお腹の張り感を軽減しています。

新田クリニックでは、大腸ポリープ切除など、日帰り手術もおこなっております。

経鼻内視鏡

5.5mmと極細にて鼻からの挿入が可能です。鼻の手術後などで鼻腔が狭い方は、口からの挿入も可能です。いずれの方法でも苦痛は殆どありません。

右図上:
一般の内視鏡(右)と極細内視鏡(左)
右図下:
一般の内視鏡(上)と極細内視鏡(下)

ポリープ焼灼装置

OLYMPUS社製の最新機種であるESG-100を導入しています。
ポリープの大きさ、形によってきめ細かな設定ができ、内視鏡手術を安全かつ効率的に行うことが出来ます。

生体情報モニター

当院では安全な内視鏡検査を行っています。

内視鏡検査時は一見苦痛がなくても、神経反射や唾液吸引により血液内の酸素濃度が落ちたり、脈拍異常や血圧低下が起こったりします。
このため、検査中は苦痛の有無だけではなく、こういった変化がないようにモニターで監視しながら、内視鏡検査を行います

全自動高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

医療器具に付着する全ての微生物を
高圧蒸気で滅菌除去しておりますので、
安心して治療をお受けいただけます。

超音波画像診断システム

苦痛、放射線被曝のない超音波検査で、体にやさしい内臓検査

腹部超音波検査に使用する東芝製超音波画像診断システム(xario100)です。
超音波検査は、超音波を発生・送信するプローブと呼ばれる装置を体にそっと当てるだけの痛みのない簡単な検査です。
対象疾患は、肝臓、胆のう、すい臓、腎臓、脾臓、甲状腺などの器官で、所要時間は約5分と短時間で済みます。

血液自動計数機

緊急時、白血球、赤血球、血小板、CRP(炎症反応)など、
その場で結果がわかります。



動脈硬化検査(ABI, CAVI)

動脈硬化症は自覚症状こそありませんが進行すると心不全、心筋梗塞、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症、クモ膜下出血などを引き起こす可能性があります。
「血圧脈波検査」はその動脈硬化症を簡単に発見できる検査です。

あお向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定します。
時間は5分程度で、血圧測定と同じ感覚でできる簡単な検査です。
動脈の“詰まり”と“かたさ”、“血管年齢”という値で、その場で結果を知ることができます。

■料金案内
1,300円(保険診療3割負担で400円程度です)

その他の設備

HbA1c迅速測定器、呼吸機能測定器(スパイロメーター)、インフルエンザ迅速感染検出機など。

Copyright (C) nitta clinic All Rights Reserved
医療法人新田クリニック
〒610-0357 京都府京田辺市山手東1丁目6-2 ハチセンビル2号館1階 TEL:0774-62-1120